エコ・フェアトレード・エシカル

なるべく地元の食材を使って、
なるべく地元の事業者から
適正価格で購入することを心掛けています。
もちろん温泉の機械力は、ゼロです。

環境に対する考え方について

世の中では(地球全体で)持続可能という言葉が多くの場所で、使われるようになってきました。

白骨温泉において、ご先祖様から温泉宿を引き継いで、今、私達はこうして仕事をさせていただいております。白骨温泉に温泉が湧き続いているので、生業になっていると思っております。今までの地球上の自然環境の保護や整備をしてきていただいたことに感謝せずにはいられません。

これからも子々孫々、代々続いていくことを願わずにはいられないのですが、それを実現するためには、環境のことを最優先に考えて行かなければならないと思っております。温泉一つとっても、当荘は年中、機械力無しです。

自然に地表に出てきた温泉を、何もしないでそのまま湯船(浴槽)に入れて、そのままの状態で快適な湯温(41℃前後)です。真冬でも温めることなしで、内湯は快適(41℃前後)な泉温をしています。

夏はクーラーなしでも、ぐっすりとお休み頂けるほどの涼しい場所で、暑い日には、自然の水道水を打ち水するだけで「涼しさ」を確保できます。

ご夕食は温泉鍋がメインですので、夏でもお身体に必要なお野菜のミネラルを補給しやすく、またなるべく地元の食材を調達しておりますので、流通環境的にもエコだと自負しておりますし、当荘は残飯がほとんど出ないくらいですので、この点に関しましてもエコな環境であると思っております。

これからも皆様と共に、地球環境を良好に保って行けるように精進して参りたいと思いますので、今後とも、よろしくお願い申し上げます。

当荘で使う食材

様々な山の恵み(白骨温泉)←※国立公園につき一般の方は採取できません。
たくあん用の大根(松本)、オメガ3入りの卵(松本)、みそ(松本)、しょうゆ(松本)、牛乳(ながわ)、チーズ(ながわ)、ヨーグルト(ながわ)、岩魚(ながわ)、保平カブ(ながわ)、はちみつ(沢渡)、酢の物の食材(地物)稲核菜のカブ(稲核)、コーヒー(乗鞍高原)

※水は自然湧出の当荘の自家水道を使用しております。(PH8くらいで硬度が、110くらいの中硬水)

PAGE TOP